2017年1月14日土曜日

業界の構造変化(2/2)

■注意点
 なお諸注意としましては、ニュース等の記載では「クオンツ運用を開始 or シフト」とかいう言い方が散見されますが、正直ここで言うクオンツはそれぞれ全くの別物であるケースが多くあります。クオンツといっても宗派によってやることが大きく分かれ、数字という神様を信仰している以外は共通点も微妙だったりします。
 ファクター見てる人やマイクロストラクチャー見てる人、アブアブしてる人は見ているデータもモデルも異なりますし、「俺の方が神の声を正しく聞ける」と殴り合いを始めることも珍しくありません。キリスト教みたいなものですね。

 日本であるHFT諸悪の根源論みたいなもので、中身を知らない人からすると違いが分からないから取り敢えずひとまとまりにされることが多くあります。三昔くらいであれば「えー、クオンツなのにロケットも飛ばせないんですかー?(^q^)」とか言っても許されたかと思いますが。


■変化の影響
 じゃあ、こういった機関投資家の構造変化が起きると、市場の動きはどうかわるのかという話が問題になります。

 機械的・汎用的な運用が増えた場合の傾向として、モデルベースでの売買が増加するため、個別一本釣りというよりは、ある程度ひとまとまりのPFが増加することになります。あのファクターにベットしてA+B+Cをまとめてロングといった話ですね。その結果、なんでこの銘柄が上がるの?といった動きが増えるのがまず想像できます。
 加えてモデルベースのトレードの比重が上がると、ポジティブフィードバックがきつくなるという傾向もあります。皆同じ論文・モデル使ってるせいで、一度トリガーに引っかかるとどこまでもいくあれですね。最後はだいたい仲良く皆沈む訳ですが、それまではやたらとトレンドが継続します。

 また、運用のボラ縮小やETFへの資金増加が起きると、当然ながら今までよりも個別・指数のボラが低下します。動かすお金が大きいからこそボラが拡大するわけで、肝心のお金が減少すれば市場に与える影響も自然と低下します。2013-2015年あたりの日本市場は、何かあると簡単に吹っ飛んでましたが、2016年後半だと動かなさすぎてやることないわ...という日がかなりありました。
 ただこちらに関しては、皆が同じ方向を向くと一気に吹っ飛ぶ→でも長続きしないという面が強化されます。平均は低下しても、分散が拡大するやつです。特に日本市場では日銀様が大暴れしている点もあり、更にこういった傾向が強化されています。

 他にも色々考えられることはありますが、紙面が足りないので省略。

 上記の特徴を大雑把にまとめると、「今までとは異なる動きが増える」、「ボラが加速しない」、「一部のトレンドはやたら継続する」という、直近数年のイメージだけでやってると沼にハマりそうな内容になります。また、この動きに慣れすぎると握力が悪い意味で鍛えられてしまうといった弊害もあります。


■最後に
 こんな感じで2016年から徐々に顕在化してきた市場の変化が、無視できないレベルどころか更に加速するんじゃないのというのが個人的な見通しになります。とはいえ、こういった変化自体は昔からよくあるもので、むしろ変化に合わせられるかどうかが投資家としての能力ではないでしょうか。Twitterとか見てると、動き方に文句を言う人が増えているようですが、いくら文句を言っても建設的ではないので前向きに取り組んでいきましょう(*´ω`*)

 今回の記事は、文字数の都合で色々と説明を端折ったり、面倒だから飛ばしたりしている部分が多分にあります。もし、「この辺の説明が繋がってない」とか「ここの説明を詳しく」という方がおられましたら、下記Webサイトに豊富な説明資料がありますのでご参照下さい。

 http://www.ndl.go.jp/

2017年1月13日金曜日

業界の構造変化(1/2)

■業界の構造変化
 昨今、機関投資家業界に関するニュースがあれこれ飛び交っており、毎日のようにリストラや方針転換の話題等が上がっております。我々個人投資家からすると対岸の火事のように見えますし、日頃からヘイトが溜まっている方からすると、他人の不幸で今日も飯が美味いという話かもしれません。
 しかし、実際のところはどうなのでしょうか。彼らのような大口の構造が変わる以上、市場の動きにも変化が起きるはずです。そして、こういった市場の変化が生まれる最初の段階こそ、多くの投資家が犠牲になりやすい時期でもあります。

 「今までと違う」、「これまで上手くいってたのに」と言いながら沈みたくはありませんし、大きなドローダウンを受けてボロボロになるのも避けたいところです。とはいえ、一発くらうまではそのままでいるストロングスタイルも否定はしません。
 ただ、「あの失敗から学んだ」というといい話のように聞こえますが、見えている落とし穴に飛び込むのは賢くありませんし、経験しないと学ばないスタイルではその先もくらうことになるので、遅かれ早かれ退場か資産半減といったドローダウンに追い込まれるでしょう。ここは文明人らしく(足りない)知恵をもって未然に防ぐ方向で努力したいところです( ・ㅂ・)و ̑̑


■何が変わってるのか
 機関投資家といって範囲は広い訳ですが、独断と偏見の基づいた上でだいたいこんな感じに変わってるきてるよねというのが下記の表です。あくまでも公開されているニュース等に基づいたもので、間違ってても責任は取りません(^q^)


今まで変化の方向
個別企業の深掘り機械的・汎用的なアプローチ
アクティブ・パッシブETF
セクター担当がいて人数多め類似スキルで人数の減少
手数料高め手数料削減
リターン重視ボラを減らして安定運用


 多分に突っ込みどころ満載ですが、大枠の方向性としては「コストを減らす」「広い範囲での投資を拡大」という2つの特徴があるかと思います。コストを減らすのは分かりやすく、人を減らしてマネフィー等の手数料を減らすという話ですね。
 また広い範囲での投資を拡大は、個別銘柄を深く調査するのではなく、ファクターやマイクロストラクチャー等のように、ある程度汎用的なモデルに基づいて、個別ではなく一塊で管理するという話になります。

 表にあげた内容はそれぞれが独立しているわけではなく、上記2つの方向性に沿っているもので、ETFへの投資拡大→手数料削減しないとAUM維持できない→人減らす→少人数でもカバーできる範囲を維持するためクオンツ寄りに、みたいな背景があったりするわけです。
 もちろん、「お前のストックピッキング力低くない?(*´ω`*)」といったパフォーマンスの低下を改善するため、新しいやり方に取り組んでいるという話もあります。この間も、ロング・ショートファンドがショートしなくなるとかいう、存在意義を問いかけるようなファンドの話がありましたね。

2017年1月11日水曜日

どうしよう2017年

■どうしよう2017年
 遂にトランプ大統領が誕生する2017年に突入しましたが、今後の株式市場のことを考えると頭を抱えたくなるような昨今いかがお過ごしでしょうか。
 新年ということもあり、本記事では2017年の大雑把な懸念材料みたいなものをメモっておきたいと思います。エコノミストでもなんでもありませんから、基本適当かつふわっとした内容ですが、あくまでも年末に見直すようなので仕様です。

 現状、懸念する材料には事欠かない2017年ですが、個人的に気になるのはアメリカの政策、イエレンおばちゃんになります。EU・中国関連もありますが、正直日本市場だとアメリカ様の影響が大きすぎるので(´・ω:;.:...


■懸念材料
 大統領ガチャの結果、本当にその効果発動するの?Nerfされない?と言いたくなるようなSRを引いたわけですが、市場の動きとしてはこれ以上ないくらい好感された動きとなっています。トランプ大統領で指数暴落・円高、って言ってた人の手の平の返し方も見事でした。
 ただ値上がり銘柄とかを眺めていると、上がっているのが金融とか銀行とかGSとかで、大統領前から見て上がるどころか下がっているのが結構あります。動きとしては、法人税減税と焚ドット坑フランクによるアップサイドが中心で、それについでインフラ投資期待といった感じでしょうか。金利上昇をダイレクトに受けている銘柄もあり、下記のイエレンおばちゃんの動向次第では、LSワンチャン力が更に高まりそうです。
 この政策に関しても、実現できるのかという点について色んな人があれこれ言っており、そのまま実現するのは無理だろうけど着地点がどれだけ高いか、という話に徐々に移りつつあります。そういう意味では、期待値は今がピークで、大統領就任後の半年くらいは夢を語れるけど、そこから先は政策ドリブンになりそうですね。
 これだけ見てるとアベノミクスと同じパターン辿る説が途端に強くなってきます。期待してたけどやっぱり無理だったね(´・ω・`) or いつになったら話が進むの?で終わる2017年とか辛すぎるんですが...。

 また、日和方に定評のあるイエレンおばちゃんが、はたしてどれだけ気合を入れて利上げしてくるかも注目です。4回やると言った利上げも結局は1回しかやらない、指数が下がると急に世界動向が云々言い出して見送る等、Greenspan化が激しくなっているのが気になってしかたありません。
 しかしここでトランプ大統領の意向を受けて、利上げを積極的に行うようになるようであれば、去年程のんびりとしたFOMCは迎えられなくなります。この辺は正直なところ事前情報等が全く当てにならず、次の利上げがどれだけ早い段階で実施されるかに注目したいところです。というか直近の金利上昇を見る限りでは、さっさと利上げしていかないといけないはずですし、むしろもう後手に回ってる感じですね。利上げされても「せやな(´・ω・`)」って反応で、あとは間隔がどれだけ空くのかが注目。


■まとめ
 総括して考えると、どうにもこうにも微妙で先行き不透明過ぎて困るわという感じですね。トランプ御大の政策が駄目っぽければ、今の上昇分くらいは全戻ししてもいいですし、イエレンおばちゃんが気合を入れれば一発指数-10%くらいはあっても良さそうです。ただ、そういった話にならない場合、大きく下がる要素も大してないのが現状です。とりあえずリーマンショック言っておけ的な方もおられますが、あの時ほどアホみたいなレバがかかっているわけでもなく、吹き飛ばせる程積み上がった負債もありません。Bespokeなんちゃらもまだまだですし。かといって、アップサイド何よ?と言われても何も無い...。本当にドットフランクを捨て札に送ってレバマシマシとなれば、かなりバブりそうな感じではありますが。
 次回書こうかと思ってる機関投資家の構造変化も含めると、実際のところひたすらグダって1年が終わる可能性が一番高いんじゃないかと思います。

 とりあえず盆栽でも育てて名人を目指したら良いんじゃないでしょうか_(:3」∠)_

2016年6月16日木曜日

Long Short 3

■暴落から学ぶLSの難しさ
 前回の記事の後、まさかの日経・マザ共に再度暴落するというお笑い展開が来てくれましたので、これを教材にしてLSの難しいところを確認してみましょう。

 面倒くさいので具体的なデータは並べませんが、色々と銘柄を眺めて見れば下落率が結構違うのが分かるかと思います。-10%超えの暴落を見せている銘柄達がいる一方で、せいぜい数%程度しか落ちていない銘柄も結構有ります。このボラの違いが、いわゆるLSの利益の源泉となるわけです。今回で言えば、大型Lの新興Sやってれば笑いが止まらない状態になるわけですが、逆のことやっていれば死ぬほど喰らう状態になるわけです。また、ここ数ヶ月は新興が無限に上げ続ける一方で大型はレンジとなっており、その間に大型Lの新興Sをやっていれば含み損だけが拡大していっているはずです。

 こういうことを考えていくと、LSをやったからといってリスクが減っているとかマーケットニュートラルだとかいうのは幻想でしかないことが分かります。結局のところ、LSがいつ機能するのかという部分も突き詰めていく必要があります。ペアトレとかだと多少ましですが、だからといって利益が出るかというとそうでもなく、暴落の後などは同じことやってたファンドのぶん投げ祭りが開催されて股裂きを喰らうことが多々有ります。利益出ないね(´・ω・`)



■βを取るのもαやで
 「指数がどっちに動くか分からないからLSしてる」という話は聞きますが、よくよく考えてみれば「指数の動きはわからないのに個別株の動きは何で分かるの?」という疑問が湧いてきます。指数は個別株の集合体なわけですから、個別株の上下が分かるというなら、その延長上でなぜ指数の動きが分からないのでしょうか?

 ここの考え方は割りと重要で、LSやるのはβ(市場リスク)を排除して銘柄選択によるα(運用者の能力によるリターン)を取りに行くというのが教科書的な説明ですが、その時のポジはLSポジのスプレッドに対するβ(連動リスク)が拡大されています。なのでここでやっていることは、LSポジのスプレッドのβを取りにいっていることと同じですね。

 オプションで言えば、デルタは取れないけどベガは取れると言っているのと同じことで、基準となる軸を変えたとしても、その軸に沿ってどう動くかというのを予想すること自体は変わりません。誤解を恐れない言い方をするのであれば、指数や個別株単独の動きを予想することと、LS組んでスプレッドの拡大・縮小を予想することは本質的には同じことです。

 こういうことを考えると一概にLSやっていればいいという訳でもなく、場合によっては裸Lやってるほうがリスクが小さいという状況があることも分かります。アベノミクス初期の頃は、LSやっているところは儲かるどころかかなり厳しい状態に追い込まれるケースが多く、材料一発でSポジが吹っ飛んで死亡というのがよく見られました。
 
 LSに限った話ではありませんが、「何故今その戦略を実行するのか?本当にその戦略が機能する状況なのか?」ということがまず最初にあるべきで、この部分があるからこそ「投資はアート」と言われる訳です。βをコントロールできないものとして切り捨てるか、それともそれを取ってαとするか。その判断も含めてこそのαではないでしょうか( ・ㅂ・)و ̑̑

2016年6月14日火曜日

Long Short 2

■前回の補足
 前回のような記事を書いた直後、まさかのマザ-10%という笑い話が誕生し「やっぱショート大事やねん(;・∀・)」という空気が漂う中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 前回はLSの種類をいくつか並べてみましたが、それぞれどんなことをやっているのかまでは触れませんでした。そこでよく言われるのが下記の2つになりますので補足してみました。
 LSやる場合は、大抵下記の2つの要素のどちらかを含みます。これに加えて、セクター内でLS組んだり、個別企業の評価に基づいてLS組んだりするのが一般的かと思います。

 ・エクスポージャー調整型
  -ロングポジとショートポジのネットエクスポージャーを調整する
  -「良い株は上がって、クソ株は下がるやろ?」論に基づくことが多い
  -利益は0.5倍、損失は2倍になって死ぬことがよくある
 ・ペアトレード型
  -相関のあるAとBの剥離が縮小するのを狙うのが基本
  -「似たような銘柄なら、どっちかだけが上がるとかないやろ?」論に基づくことが多い
  -そのまま剥離が拡大し続けて死ぬことがよくある


 なおよくある誤解としては、アービトラージはAsk/Bidのスプレッドを抜くタイプとかでない限りは、大抵ペアトレードの派生で擬似アービトラージになることがほとんどです。M&Aアーブとか優先株・普通株アーブとかありますが、ファイザー・アラガンの合併やVWで何が起きたかを見れば、本来の意味でのアービトラージというのはそうお目にかかれないのが分かって頂けるかと思います。フリーランチなんてないんや(´;ω;`)ブワッ


■何のためにこんなことするの?
 では何でこんな面倒くさいことをするのか考えてみましょう。そもそも株価の方向が分かればこんなことをする必要もなく、素直に全力2階建てすればいいだけです。従って、わざわざこんな面倒なことをするということは、こういうことをしないと困るorこうしないと取れない利益があるという話になります。LSをやる理由としては、概ね下記の3つになるかと思います。

 ・全力でポジりたい
  -ロング150%+ショート50%とかなら、レバましましでもそう簡単に死なんやろ論
  -銘柄選択に自信ニキ以外がやると、損失が拡大してすぐ死ぬ
 ・LSやらないととれない
  -銘柄間の剥離を取りたい場合は、単独のロングorショートでは取れないからこうする
  -ペアトレード型やファクターベット型がこれ
  -剥離が期待通りに動くと思った?残念だったね☆(ゝω・)vキャピ
 ・指数がどっちに動くか分からないから
  -あぁ^~指数の動きとか分からんから市場リスクを省くんじゃぁ^~
  -いわゆるマーケットニュートラル(笑)がこれ
  -指数がどっちいっても損失になることが多いが、ボラが小さいので長生きできる


 要はリスク回避型とリスク選好型、その中間みたいな感じでざっくり捉えて頂ければいいかと思います。LSやってるからといって、一概にリスク減ってるわけじゃないよってことだけは注意が必要ですね。

2016年6月12日日曜日

Long Short 1

■Long Short
 日経様の不安定な動きが続き、新興もアレとかソレとかを筆頭に急落したことを受けてか、「ヘッジ無しとかないわw」「ショートポジも持たないといつか死ぬでw」という風潮がまた強くなってきた昨今いかがお過ごしでしょうか。
 
 こうなってくるとLong Shorの重要性を押し出してくる人が増えてくるわけですが、色々眺めてみれば言っていることやっていることが人によって違うのが分かると思います。とはいえ、誰かがファッションLSで誰かが真実を話しているというわけではなく、実際の所はそれぞれが別のLSをやっているという話だったりします。 
 言ってる人からすれば、わざわざ詳細を説明する義理もないのでその辺を省略するのでしょうが、前提となる知識がないと色々と勘違いする可能性が高いのが困りものです。

 なので、LSってどんな種類あるの?ってことを再確認してみましょう。
 
 なおガンマロングのアレは、諸般の事情により非公開の方向となりましたので、そこのところ何卒よろしくお願い致します。期ズレってことで(*‘ω‘ *)


■そもそもLSって何よ
 こういう話をするにあたってまず大事なのは、そもそもLong Shortってなんでしょうかということですね。雑な言い方をしてしまえば、「ロングポジとショートポジを一緒に持ってれば何でもLong Short」です(・з・)

 あくまでも戦略の包括的な呼び名がLong Shortというだけで、実際にはその下に色々と派閥があるわけです。キリスト教西方教会プロテスタント-ペンテコステ派みたいな感じ。ファンダだって、グロースやバリューで分かれ、その下にどの指標をどの評価モデルで見るかで派閥が分かれますよね?
 なので一口にLSと言っても、包括的な戦略の意味で言っているのか、それとも個別の戦略の意味で言っているのかで違います。でも説明が面倒くさいので皆「LSです」の一言で済ませるわけです。そりゃ話が通じないわけだ('A`)


■LSの種類
 とりあえず、LSってどんな種類があるのよということで適当に並べてみました。

 ・エクスポージャー調整型
 ・ボラティリティ調整型
 ・ペアトレード型
 ・ファクターベット型
 ・セクターベット型
 ・ボトムアップ型
 ・アービトラージ型

 単独で成り立つのはほとんどなく、実際はメインとなる型+サブって感じで、幾つかの種類を組み合わせて運用する形となります。困ったことに被っている部分も多く、「これはどっち?」と言われても答えに窮することがよくあります。高度な柔軟性を保ちつつ臨機応変に判断しましょう( ・ㅂ・)و ̑̑

 個人投資家がよくやっているものは、ボトムアップ型+エクスポージャー調整型ですかね。企業調査から良い株ロング-クソ株ショートで入って、エクスポージャー調整してバランスとるってやつです。

 詳しい話はまた次回。

2016年4月9日土曜日

東大院生が考えたスマートフォンFX

東大院生が考えたスマートフォンFX
田畑 昇人
扶桑社
売り上げランキング: 23,750
■どういう本?
 FXトレーダーとして有名な田畑昇人さんが書かれた本です。基本は時間帯や需給を意識した手法について記載されていますが、それに加えてトレーダーとして生きていくためには何をしなければいけないかという点について書かれています。

 読んだ印象としては、著者的に結構思いを込めて書かれた感じで、よくある「私はこれで~稼いだ」系の本とは違ってなかなかためになります。FXやらないよって人もいるとは思いますが、考え方やアプローチの仕方としては至極まっとうな内容が記載されているので、読んで損をすることはないかと思われます


■どういう内容?
 著者がどうやって勝てるようになっていったかから始まりますが、基本は時間帯と需給を意識して、ランダム性が小さい動きを取りに行く手法について書かれています。単に動いた方向に乗るのではなく、なぜその時間帯はこういう動きが多くなるのかという分析をベースにすることで、イン・アウトの基準を明確にしています。
 また、ポジや注文が溜まっているかを見ることで、単なる節目や抵抗線だけでトレードするよりも動きのランダム性を排除しています。この辺の考え方は対人ゲームっぽいですね。

 加えて、トレードで勝ち続けるためには何をしないといけないのかという点にも触れられており、間違いを認めることの重要性や低勝率の悪影響のあたりは、FXをやらない人でも共感できるかと思います。

 

■Summary
 相場を動かしているのは人間、だから参加者の心理状態とその変化が分かれば勝てる。そのための判断材料が時間帯と需給。順張り・逆張りは時間帯によって機能しやすさが変化する。また、時間帯の節目にはポジションを解消しようとする需要が発生する。
 他にも、ポジションの溜まり具合や逆注文動向によって、反発するのかそれとも抜けた後に大きく動くのかを考えてトレードする。

 トレーダーに必要なのは自分の誤りを認める素直さ。FXで勝てない人は損切りが遅く利確が早い。どうやって上手く負けるかが問題になる。また、正しいやり方でトレードしていても、リスク管理ができていなければ一発で退場させられる。
  


■まとめ
 投資関係の本で、明確に対人を意識した内容の本はあまりないので、その点に触れているのは珍しいです。考え方の枠を広げるにはいい本かと思います。

 なんでこの本を紹介したのかと言うと、今の株市場もこういった時間帯を意識したトレードがかなり重要になってきているからです。年金と日銀という、市場に対して大きな影響力を持つ組織がいる現状、無茶な値動きがかなりの頻度で散見されるようになってきました。
 個人的には、日中の前場・後場とイブは既に全くの別市場という見方をしていますが、それに加えて価格帯での変な影響力を含めると、その辺をケアできないとかなりしんどいのではないかと思います。というか、外人は割りと合理的に売買するんですが、年金と日銀が機械的に突っ込んでくるせいでかなり面倒くさい...。