2016年6月16日木曜日

Long Short 3

■暴落から学ぶLSの難しさ
 前回の記事の後、まさかの日経・マザ共に再度暴落するというお笑い展開が来てくれましたので、これを教材にしてLSの難しいところを確認してみましょう。

 面倒くさいので具体的なデータは並べませんが、色々と銘柄を眺めて見れば下落率が結構違うのが分かるかと思います。-10%超えの暴落を見せている銘柄達がいる一方で、せいぜい数%程度しか落ちていない銘柄も結構有ります。このボラの違いが、いわゆるLSの利益の源泉となるわけです。今回で言えば、大型Lの新興Sやってれば笑いが止まらない状態になるわけですが、逆のことやっていれば死ぬほど喰らう状態になるわけです。また、ここ数ヶ月は新興が無限に上げ続ける一方で大型はレンジとなっており、その間に大型Lの新興Sをやっていれば含み損だけが拡大していっているはずです。

 こういうことを考えていくと、LSをやったからといってリスクが減っているとかマーケットニュートラルだとかいうのは幻想でしかないことが分かります。結局のところ、LSがいつ機能するのかという部分も突き詰めていく必要があります。ペアトレとかだと多少ましですが、だからといって利益が出るかというとそうでもなく、暴落の後などは同じことやってたファンドのぶん投げ祭りが開催されて股裂きを喰らうことが多々有ります。利益出ないね(´・ω・`)



■βを取るのもαやで
 「指数がどっちに動くか分からないからLSしてる」という話は聞きますが、よくよく考えてみれば「指数の動きはわからないのに個別株の動きは何で分かるの?」という疑問が湧いてきます。指数は個別株の集合体なわけですから、個別株の上下が分かるというなら、その延長上でなぜ指数の動きが分からないのでしょうか?

 ここの考え方は割りと重要で、LSやるのはβ(市場リスク)を排除して銘柄選択によるα(運用者の能力によるリターン)を取りに行くというのが教科書的な説明ですが、その時のポジはLSポジのスプレッドに対するβ(連動リスク)が拡大されています。なのでここでやっていることは、LSポジのスプレッドのβを取りにいっていることと同じですね。

 オプションで言えば、デルタは取れないけどベガは取れると言っているのと同じことで、基準となる軸を変えたとしても、その軸に沿ってどう動くかというのを予想すること自体は変わりません。誤解を恐れない言い方をするのであれば、指数や個別株単独の動きを予想することと、LS組んでスプレッドの拡大・縮小を予想することは本質的には同じことです。

 こういうことを考えると一概にLSやっていればいいという訳でもなく、場合によっては裸Lやってるほうがリスクが小さいという状況があることも分かります。アベノミクス初期の頃は、LSやっているところは儲かるどころかかなり厳しい状態に追い込まれるケースが多く、材料一発でSポジが吹っ飛んで死亡というのがよく見られました。
 
 LSに限った話ではありませんが、「何故今その戦略を実行するのか?本当にその戦略が機能する状況なのか?」ということがまず最初にあるべきで、この部分があるからこそ「投資はアート」と言われる訳です。βをコントロールできないものとして切り捨てるか、それともそれを取ってαとするか。その判断も含めてこそのαではないでしょうか( ・ㅂ・)و ̑̑

0 件のコメント:

コメントを投稿